伊藤博文暗殺の謎を考察!韓国併合反対派だった?68年の生涯と功績まとめ

今回解説していくのは初代内閣総理大臣である伊藤博文

彼は大日本帝国憲法の制定にも携わり、日本の近代化を推進していきましたが、今回はそんな彼はなぜ暗殺されたのでしょうか?

また、彼は本当に韓国併合に反対だったのか!?

 

  • 伊藤博文の生涯
  • 伊藤博文のエピソードや年表
  • 伊藤博文の墓や子孫の活躍
  • 伊藤博文はどうして暗殺されたのか?
  • 伊藤博文ゆかりの地の紹介

 

などなど、詳しく解説していきたいと思います!

伊藤博文とは?

伊藤博文は1841年に周防国に生まれました。

幼名は利助でその後いくつも改名を繰り返しています。

伊藤博文の父はいわゆる貧農であり、また足軽の養子となったため、伊藤博文は農民から足軽ではあるものの武士になることになりました。

 

伊藤博文は仲間の紹介もあって吉田松陰の松下村塾へ16歳の時に入門。

  • 松陰は博文の人と人とを取り持つ交渉の能力を評価していたため、松陰の紹介で長崎に留学
  • 安政の大獄で松陰が刑死すると他の松下村塾の面々と共に尊王攘夷運動を起こす

というような行動を取るようになります。

 

また、伊藤博文は尊王攘夷派の武士であるものの、イギリスに留学することに成功。

ここでイギリスという強大な力をまじまじと見ることになり、尊王攘夷では日本を救うことができないと実感することになります。

 

その後長州藩が四カ国艦隊砲撃事件の報復として四カ国によって砲台が占拠されるとその交渉役として活躍。

  • 英語ができる
  • 高い交渉能力

を使い外国人との交渉役としてコツコツと功績を挙げていき、いつしか初代兵庫県知事(神戸があり外国人がよくいたから)に就任。

 

その後も、大久保利通の跡を継いで内務卿となり、

  • 鉄道の建設や
  • 日本銀行の設立

など怒涛の勢いで日本の近代化を行なっていくようになりました。

 

そして1885年には初代内閣総理大臣に就任。(ちなみに、伊藤博文は歴代では最年少の総理大臣でした。)

  • 憲法の作成
  • 日清戦争の講和条約である下関条約の締結
  • 韓国統監府の初代統監になる

など重要ポストを任されるようになります。

 

しかし、韓国統監となったことが韓国人の憎悪の目を向けられるきっかけとなり、1909年に69歳で亡くなることになります。

 

さて、そんな伊藤博文はどんな人物だったのかについてみていきましょう。

写真

伊藤博文(出典:ウィキペディア

伊藤博文が生きていた頃の時代となると写真も普及してきていたため、伊藤博文を撮った写真はいくつか残っています。

身長

伊藤博文の身長は約154センチだといわれております。

今の感覚からいえば小さいと思われますが、江戸時代末期の平均身長が大体155センチだったそうなのでこの時代からしたら妥当なものだったのですね。

性格

伊藤博文は思ったら即行動するような人物でした。

青年期の頃には攘夷活動をしていた時の過激な面を見せていたのに、外国船がきてさらにはイギリスへの留学の話を聞くとすぐに飛び乗り、政治家としても決断力にあふれるような政策を次々と実行していきます。

伊藤博文のこの実行力がなければもしかしたら彼がここまで活躍できてはいなかったかもしれません。

年表

1841年 周防国の百姓の家に生まれる

1857年 吉田松陰の松下村塾に入門

1863年 イギリスに留学

1871年 岩倉使節団の一員として欧米諸国を訪問する

1878年 紀尾井坂の変で暗殺された大久保利通の後継として内務卿となる

1885年 初代内閣総理大臣となる

1888年 枢密院議長となる

1890年 貴族院議長となる

1905年 韓国統監府の初代統監となる

1909年 ハルビン駅で安重根に暗殺される

伊藤博文の名言

本当の愛国心とか勇気とかいうものは、肩をそびやかしたり、目を怒らしたりするようなものではない。

 

次は伊藤博文のエピソードについて見ていきます!

伊藤博文のエピソード

伊藤博文のもう一つの顔が女好きという性格。

伊藤博文は事あるごとに芸者を呼び、妻がいるのにもかかわらず隠し子を作るほどの人物だったそうです。

 

また、女好きが高じて一時期内閣が倒閣するほど大バッシングを受けるなど悪いところも出てしまい、明治天皇から「女と遊ぶのを控えるのはいかがが?」と言われたのに対して堂々と反論する程だったとか。

それでも、同じ時代に生きた山縣有朋と比べると国民の人気はあったそうです。

伊藤博文がふぐを解禁?

いろんな分野で功績を残した伊藤博文ですが、実は今では冬の風物詩となっているフグが食べられるようになったのも彼のおかげでした。

 

1888年に下関を訪問した伊藤博文は春帆楼という料亭で食事をとっていました。

しかし、魚を切らしてしまった女将が当時禁止されているフグを仕方なく出してしまいます。

 

女将さんは処罰を覚悟していたそうですが、伊藤はその美味しさに感激。

さらに「こんなに美味しい魚が食べられないのはおかしい!」と当時の山口県令に掛け合ってフグ料理が解禁されることになりました。

お札の顔にも

この投稿をInstagramで見る

 

武藤 忠@髪とお顔の美容師(@muto_tadashi)がシェアした投稿 -


伊藤博文といえばおじいちゃん世代となると千円札の肖像画となった人と思う人も少なくありません。

伊藤博文は1963年から1986年まで使われていたのですが、そのきっかけとなったのが功績の他にもありまして髭がふさふさだったことが理由となったそうです。

 

髭が多いと偽札を作りにくくなり、当時まだ偽札対策が進んでいなかった日本にとってはうってつけの人材だったのです。

憲法調査のために渡欧

伊藤博文の功績の一つである憲法の作成

伊藤博文は日本の憲法を作る際にヨーロッパの先進的な憲法を学ぼうと伊藤博文ら調査団を組織してヨーロッパに留学することになりました。

 

伊藤博文はイギリスやフランスなどの国々を周遊するのですが、

  • 当時ドイツ帝国の情勢が日本の情勢とほとんど同じ
  • 君主の力が強いりながらも議会が機能している

という日本が目指している姿と大変似ているということでドイツ帝国の憲法を学ぶことに。

 

そして日本に帰国すると早速別荘にて憲法の草案を作成し、1889年に大日本帝国憲法が制定するに至るのです。

 

次は伊藤博文の内閣や暗殺事件の真相について見ていきます!

伊藤博文内閣とはどのようなものだった?

伊藤博文は、

  • 初代
  • 5代
  • 7代
  • 10代

の四回に渡り総理を務めていましたが、時代によってかなり性格が異なっています。

 

  • 第二次伊藤内閣の時には日清戦争が起こりこれまで対立していた政府と民党が強調するようになる
  • 第四次伊藤内閣の時には伊藤派の政治家と立憲政友会の合同内閣で事実上の政党内閣になったりする

など伊藤博文は政党と強調して政治を運営していこうという考え方でした。

 

これは政党嫌いであった山縣有朋とは対極であり、伊藤博文の内閣の特徴ともいえます。

本当は韓国併合反対派だった?

伊藤博文は韓国併合に反対していました。

 

伊藤博文はちょうど日露戦争で多額のお金を使ったばかりだったので、韓国までも併合すると経済的に余裕がないと判断したのです。

伊藤博文は韓国を日本にせずにロシアが次第に強大な力をつけるのに対抗するために韓国を近代化へと導きロシアから守る必要があったのです。

 

しかし、時代の流れとともに日本が韓国を併合すべきという世論や政治家の活動が強まっていくと、伊藤博文も最後は折れ、そして伊藤博文の暗殺が決定打となり1910年に韓国は日本に併合されることになるのでした。

伊藤博文暗殺の謎を考察

伊藤博文が暗殺されたのはやはり韓国統監になったことで韓国人からの憎悪の目を向けられることが原因でした。

しかし、本当に安重根のみが暗殺をしたというのでしょうか?

 

安重根が実行犯であったのは間違いありませんが、どちらかといったら韓国の併合に反対していた伊藤博文を撃つということは韓国の独立に取ったら愚策でしかありません。

 

もしかしたら他に真犯人がいるかもしれませんが、真相は闇の中となっているのです。

場所は?

暗殺された場所はハルビン駅という場所。

今ではハルビンは黒龍江省の州都となっていますが、ここで伊藤博文は暗殺されました。

ちなみに、ハルビンは清の領土でしたが、ハルビン駅に関してはロシアの管轄下に置かれており、そのためロシアとの密談が可能だったのです。

暗殺者は安重根?

この投稿をInstagramで見る

 

Higaki Yutaro(@shootwings)がシェアした投稿 -


伊藤博文を暗殺した安重根はこの頃日本が併合を進めていた韓国の独立運動家であり、ロシアの沿海州に逃れながらも義兵闘争を続けるほどの人物だったそうです。

安重根はハルビン駅にいた伊藤博文を暗殺した後、ロシアの警察に捕らえられ、日本の裁判によって死刑となり処刑されました。

 

ちなみに、この暗殺によって日本は韓国を併合するという大義名分を掲げることができるようになり、皮肉にも韓国という国が38年間消えるきっかけとなるのです。

 

次は伊藤博文の子孫や墓などについてです!

伊藤博文の子孫の現在は?

伊藤博文の子に文吉がおり、彼はその後内閣総理大臣秘書官や貴族院議員などを務め、実業家としても活躍しています。

また、現在では玄孫である松本剛明が衆議院議員として政界入りしていてさらには菅第2次内閣で外務大臣になりました。

伊藤博文の墓

この投稿をInstagramで見る

 

Mieko Enomoto(@313eno)がシェアした投稿 -


伊藤博文の墓は東京都品川区に存在しています。

伊藤博文の別邸が品川区にあったことから国葬されたのちにちにこの墓所に埋葬されだそうですが、伊藤家のみが使える専用の墓となっておりさらには、品川区の指定文化財となっているため一般の人が自由に入ることはできません。

しかし、博文の命日である11月前後の数日間に一般公開されています。

 

次は伊藤博文ゆかりの地にてです!

伊藤博文ゆかりの地

さて、ここまでは伊藤博文の功績やエピソードについて解説していきましたが、次は伊藤博文ゆかりの地についてみていきたいと思います。

伊藤博文記念館

伊藤博文が生まれます山口県光市には伊藤博文の生家や彼の遺品を展示した資料館があります。

伊藤博文がどのような生涯を送ったのかを遺品や映像などで学ぶことができ、観光地にはうってつけの場所です。

伊藤博文旧宅

伊藤博文は足軽の養子となった時から萩に移り住み、ここで攘夷活動や松下村塾などで学問に励んでいましたが、その旧宅が山口県萩市に現存しています。

資料館ではありませんが、幕末時の伊藤博文の生活を感じることができるとても良い場所です。

萩に観光した際には是非立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

旧伊藤博文金沢別邸

伊藤博文は神奈川県金沢あたりの景色を大変好んでおり1898年にこの地に別荘を建てました。

この金沢の別邸は茅葺寄棟屋根の建築となっており、伊藤博文が愛した風光明媚な金沢の地を眺めることができ、さらに邸内では、伊藤博文に関する資料などを展示しています。

伊藤博文の関連書籍

次は伊藤博文に関連する書籍について見ていきましょう。

伊藤博文暗殺事件 闇に葬られた真犯人

伊藤博文暗殺事件をテーマとしたのが、この『伊藤博文暗殺事件 闇に葬られた真犯人』。

この本は従来安重根が犯人だとされていた伊藤博文暗殺事件の真相を膨大な資料をもとに真犯人を導き出すといった本です。

この本はもしかしたら安重根はどうして韓国併合反対派であった伊藤博文を暗殺したのがそして誰が真犯人なのかを知る手がかりになるかもしれません。

伊藤博文 近代日本を創った男

伊藤博文の生涯をもっと知りたいのであればオススメなのがこの『伊藤博文 近代日本を創った男』。

この本は伊藤博文が明治新政府の政治家になってから韓国統監となって暗殺されるまでの生涯を彼の信念と共に書き記されている本で、とても面白い内容となっています。

是非一度読んでみてはいかがでしょうか?

 

それではまとめに入りたいと思います!

まとめ

まとめです。

  • 伊藤博文は元々長州藩の足軽であったが、英語力と交渉力で初代内閣総理大臣となった
  • 伊藤博文は女好きであり、明治天皇に注意された
  • 伊藤博文はハルビンにて安重根によって暗殺された
  • 伊藤博文のゆかりの地は山口県や神奈川県などにある

 

最後になりましたが、伊藤博文が様々な改革を行っていったことによって日本の近代化は達成されました。

伊藤博文はまさしく明治日本の大政治家だったのですね。

おすすめの記事